「虚仮の後思案」と似たり


by ta-niiyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

【開催情報】アート・ドキュメンテーション学会 2010年度秋季研究発表会

ここのところ、研究会などの開催情報ばかりで、味気なく申し訳ございません。
もちっとワクワクする内容を書くことができたらなと思います。
Good Design賞とか、ベネチアビエンナーレ金獅子賞とかの話題もあったなぁ。

とにかく、今回はアート・ドキュメンテーション学会 2010年度秋季研究発表会のお知らせです。

■第3回 JADS 秋季研究発表会 開催のご案内
2008年度より、アート・ドキュメンテーションに関わる研究発表の場として
秋季研究発表会を新設しました。本年度も引き続き第3回を開催いたします。
奮ってご参加下さい。

■主催:アート・ドキュメンテーション学会
 共催:同志社大学文化情報学部

■開催日時
2010年11月14日(日)10:00-17:00

■会場
同志社大学 寒梅館 KMB203
※地下鉄 烏丸線 今出川駅 2番出口
今出川キャンパスではなく、室町キャンパスですのでご注意ください。
アクセスマップ http://www.doshisha.ac.jp/access/ima_access.html

■参加費
1000円(資料代。懇親会費別途)

■定員
80名
*定員になり次第締め切らせていただきます。

■参加申し込み方法
応募フォームよりお申し込みのうえ、受付完了メールを印刷して当日受付にてご提示ください。
参加申し込みのフォームは以下のフォームよりお願いします。
http://www.jads.org/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=2010fall




■ プログラム/研究発表要旨

9:30-10:00 受付

10:00-10:10 開会の挨拶

10:10-12:00 第I部 ※以下,いずれも発表時間15分、質疑応答5分

【発表1】岡野 裕行(法政大学キャリアデザイン学部キャリアデザイン学科兼任講師)
「特定専門分野における資料収集理念の形成:文学館や図書館における文学資料の収集状況を中心に」

【発表2】研谷紀夫(東京大学大学院情報学環)
「写真アーカイブより華族社会における人脈ネットワークを分析する試みとそのドキュメンテーション」

【発表3】田良島 哲(東京国立博物館)
「明治前期博物館における洋書の収集」

【発表4】家村祐香(同志社大学大学院文化情報学研究科博士後期課程)
「美術史研究者の認識構造を反映した作品データベースの構築―山口素絢筆「百美人図」を基に―」

12:00-13:15 昼休み

13:15-14:45 第II部

【発表5】岩田好美(同志社大学大学院文化情報学研究科博士前期課程)
「謡曲の詞章からみる、能作者の特徴-数理的分析を通して-」

【発表6】辻元健士(同志社大学大学院文化情報学研究科博士前期課程)
「視線と印象の関連性 ―絵画鑑賞時の視線計測を基に―」

【発表7】土山玄(同志社大学大学院文化情報学研究科博士前期課程)
「『源氏物語』の色について-各巻の内容と色彩語の頻度との関係-」

14:45-15:00 休憩

15:00-16:30 第III部

【発表8】東昇(京都府立大学文学部)
「対馬宗家の文書管理と収納別検索 -文書管理史研究とデータベース-」

【発表9】橋本禎郎・深瀬宰(日本写真印刷株式会社)
「文化財デジタル撮影の有効性について」

【発表10】水谷 長志(東京国立近代美術館)
「ARLIS at 40-美術図書館協会(ARLIS)の活動の足跡とその出版物」

16:30-16:45 閉会の挨拶

17:00-17:30 懇親会受付

17:30-19:00 懇親会 同志社大学 寒梅館1F 
Hamac de Paradis(アマーク・ド・パラディ)
http://balnibarbi.com/shop/hpk/

参加費:5000円程度

■問い合わせ
アート・ドキュメンテーション学会 行事・企画委員会までメールにて
MAIL:jadsevent■gmail.com

JADS(アート・ドキュメンテーション学会)
http://www.jads.org
[PR]
by Ta-niiyan | 2010-10-07 15:35 | 文化財