「虚仮の後思案」と似たり


by ta-niiyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ああ、出張の狭間だ。

奈良教育大学 古文化財科学専修の方より連絡をいただきました。
出来ればOB会もでたかったのにな。出張の狭間で動けそうにない。
珪藻分析関係は、多いに興味があるんだけどなあ。

ポスター発表は、大学祭にあわせて開催されますので、御興味のある方は是非、足をお運びください。

「平成19年度 古文化財科学専修卒業論文中間発表会 ポスター発表」
日時:平成19年11月22日(木)〜11月24日(土) 大学祭期間中
   10:00〜17:00
場所:奈良教育大学 講義棟103教室

<学部4回生>
長谷川歩 「旧石器遺跡の年代推定を目的とした三瓶給源テフラの年代測定」
笠原利郎 「宮城県仰ヶ返り地蔵前遺跡の年代測定」
藤井美帆 「横尾遺跡出土の木質遺物の樹種同定及び周辺の植生復元」
竹内侑子 「能登半島の考古地磁気測定」
高木佑介 「IntCal04検証のためのテフラの年代測定」
川崎幸彦 「縄文海進と貝塚-縄文海進による貝採取への影響-」
永井理恵 「動物依存体からみた縄文時代の生業」
小幡千晶 「珪藻分析による古環境復元の推定方法の検討」
高谷倫子 「種実同定からみた人為作用による植物利用状況」

<修士2回生>
笹田幸佑 「ルミネッセンス法を用いた縄文草創期土器の年代」
大浦史雄 「珪藻分析を用いた遺跡環境の解析法の検討」
東藤隆浩 「現生および遺跡における花粉群集の比較からみる植生変遷とその空間的広がり-肥前名護屋城跡周辺をケースとして-」
[PR]
by Ta-niiyan | 2007-10-19 20:49 | 文化財